オーブン料理

ぶりと鱒のジンジャービネガー

最近、以前よりも魚をよく食べるようになりました。
理由はオーブンで焼くとおいしくて手軽だからです。

魚の臭みと脂っこさをなくす3つのポイント

焼いた魚はおいしいのですが、魚の匂いや脂がちょっとしつこく感じられることもあり、その対策に考えたのが次の3つです。

本当のお魚好きの方には怒られてしまうかもしれませんね(笑)

50℃洗い

これは以前からやっていることですが、魚を50℃の湯で表面全体が白っぽくなるまで洗います。
湯引きするような感じですね。

そしてペーパータオルで水気をしっかりとふき取ります。

焼き魚にお酢

オーブンで焼いた魚をマリネにしたところ、これがおいしくて、病みつきになりました。

新玉ねぎと鰆のマリネ 新玉ねぎが出ていますね。 寒さは続いても、春野菜を見ると冬もあと少し、と嬉しくなります。 割と時期が短いので、見つけると買っ...

それで今度は焼き上がった魚に酢を垂らしてみたら、魚臭さや脂が気にならなくなりました。
レモンやすだちをかけるような感覚ですよね。

保存もよくなりますし、旨味も増して家族にも好評です。

香味野菜をプラス

マリネする場合は玉ねぎやセロリと一緒に漬け込みますが、今回は生姜のみで。

生姜をまぶして焼くことで、魚の臭みはまったく気にならなくなりました。

レシピ

材料

ブリ 4切れ
鱒  2切れ
塩  小さじ2
生姜 大1片
酢 大さじ2

作り方

  1. ブリと鱒は50℃の湯で洗い、水気をしっかり拭き取る。
  2. 生姜は皮を剥いてすりおろす。
  3. ①をバットに並べて塩を振り、上に生姜の皮を散らし、すりおろしもまぶしつける。
  4. 210℃のオーブンで14分焼く。
  5. 焼き上がったら魚を平たい容器に移し、酢を回しかける。
    ※バットに残った水分は捨てる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です