オーブン料理

アルザス料理ベッコフ

ひとつ前の記事の「和風ベッコフ」。

バーミキュラで和風ベッコフバーミキュラの鍋を使ってアルザス料理のベッコフを和風にアレンジしました。ワインの代わりに日本酒と生姜、柚子胡椒などで肉をマリネ。オーブンでじっくり焼き上げます。密閉性の高いバーミキュラはベッコフには打ってつけです。...

今日はその元になったアルザス地方のベッコフを作りました。

ベッコフ(ベックオフともいう)は、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉など、いくつかの種類の肉とじゃがいもを一緒に鍋に入れ、白ワインと共にオーブンで煮込む料理ですが、今回は豚肩ロースとソーセージだけで作りました。また、れんこんを加えたのも私の勝手なアレンジです。

材料の下準備さえ済ませれば、あとはオーブンに入れて放っておくだけで作れますし、調味料も塩、胡椒のみですので、大変手軽。

素材の旨味が溶け込んだ、混ざりっけのない深みのある味わいに、身も心も温まります。

レシピ

材料 4~6人分

豚肩ロース肉 750g 
ソーセージ 4本 
塩 小さじ2
胡椒
ローリエ
タイム
にんにく 2片
白ワイン 1.5カップ  
じゃがいも メークイン4個 
玉ねぎ 2個 
れんこん 中3節 
オリーブオイル 大さじ2
水 1.5カップ

作り方

  1. 豚肉は1.5㎝幅に切り、それを更に半分に切る。ソーセージは斜め半分に切る。にんにくは半割にして芽を除く。
  2. ①をポリ袋に入れてローリエとタイムを加え、白ワインを注ぎ入れて口を閉じ、冷蔵庫で一晩漬けこむ。
  3. ②をざるに空けて肉と漬け汁に分ける。
  4. じゃがいもは皮を剥いて5ミリ厚さにスライスし、れんこんは皮を剥いて1㎝厚さにスライスして半分に切る。玉ねぎもスライスする。
  5. 鍋の底にオリーブオイルを広げ、じゃがいとれんこん、玉ねぎをそれぞれ半量ずつ順に重ね入れる。肉の2/3を並べ、その上にソーセージ半量を並べて上からギュッと押す。
  6. ハーブとにんにくものせて残りのじゃがいもと玉ねぎの半量、残りのれんこんを重ね入れ、残りの肉とソーセージをのせる。
  7. 残りのじゃがいもと玉ねぎをのせ、②の漬け汁を注ぎ入れ、水を加えて上から押さえる。
  8.      

  9. 蓋をして200℃のオーブンで90分焼く。
  10. 焼き上がったら上から押さえて具材を煮汁の中に沈め、蓋をしてそのまま冷ます。
  11. 冷めたら冷蔵庫に1時間ほど入れて冷やし、好みで固まった脂を取り除く。
  12. 食べる前に直火で温め直し、塩、胡椒で調味する。

使った鍋はこちら

ベッコフを作るうえで大事なのは、密閉できる状態でオーブンに入れて焼くことです。

以前、バーミキュラの工場を見学させていただいたときに、職人さんが密閉性をテストするところを見せていただきましたが、紙一枚の入るすき間もないバーミキュラの密閉性には驚かされるばかりでした。

ですので、ベッコフのように密閉性を要する料理にはこのお鍋はぴったりなのだと思います。

今回使ったのはこちらのサイズです。

バーミキュラオーブンポットラウンド直径22㎝

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です