ライフスタイル

使える紅茶缶 再利用アイディア とっておくだけではもったいない!

かわいい缶があると捨てられないですよね。

私も紅茶の缶はいくつも取ってあります。
お茶を保存するためのものなので密閉性に優れ、
缶のデザインも好みのものが多い
からです。

今日は紅茶を飲み切った後も使っている、
お気に入りの缶とその使い道をご紹介したいと思います。

ブランド別お気に入り紅茶缶

クスミティー


缶のデザインがとにかく豊富で、見ているだけで嬉しくなってしまうのが
クスミティーの缶です。

大、小、そして季節限定茶の缶があるので、いろいろな使い方ができます。

マリアージュ・フレール


マリアージュ・フレールの高級感あふれる黒い缶は、集め出したらきりがないほど。
お店のように、この缶ですべて統一したい気持ちにかられます。

ルピシア

丸いシルバーの缶はルピシアのトレードマークと言ってもいいかもしれませんね。
店舗にずらりと並ぶ様子は圧巻です。
重ねてスタッキングできるところもキッチンの戸棚の限られたスペースで重宝してます。

HARNEY & SONS


以前教室にいらしてくださっていた、アメリカ在住の生徒さんからいただいたこちらの紅茶。
とても美味しい紅茶で、当時日本には店舗がなかったので、
せめて缶だけでも手元に置いておきたい、と思って取っておきました。

フォション


昔からよく飲んでいるのがフォションの紅茶です。
缶のデザインも随分変わりましたが、こちらの缶はとても気に入りました。
茶葉がなくなってもまた茶葉を入れたくなる缶です。

紅茶缶の使い道

うちで実際に使っている缶をご紹介します。

ティーバッグ入れに


クスミティーの缶は使い道がたくさん。
箱入りのティーバッグは空いた缶に移し替えています。

小物を収納


クスミティーの小缶にはクリップを入れたり、なくしやすいスマホのリモコンや、
最近必要になったアクリル板の留め具を入れてみたら丁度いい具合に収まりました。

クスミティーのクッキー缶

先日、YouTubeでご紹介したところ、反響が大きかったのが、
クスミティーのクッキー缶でした。
大きい缶にアールグレイのスノーボールを詰めたら、
クッキーと缶の雰囲気がぴったり。差し上げた方にも喜ばれました。

お菓子道具入れに


お菓子作りには口金や重石など、収納に迷うものがいろいろあります。
そんなものたちはルピシアの紅茶缶の中へ。ラベルで中に何が入っているのかわかります。
スタッキングして戸棚に入れてあります。

茶葉を入れるためだけに使いたい缶

私が今まで見た中で、茶葉を入れるのには一番便利!
と思った
のが、フォションの紅茶缶です。


蓋を開けるとこのように中蓋が付いています。
普通、中蓋はポリプロピレンのような素材のものが多いと思うんですが、
フォションの缶は中蓋にも外蓋と同じ素材が使われおり、しかもつまみまでついているのです。

外蓋も中蓋も開けやすいのに、密閉性は抜群。
更に、太すぎず、細すぎず、手に持ちやすい筒の太さなのも気に入っていて、
毎朝つい、この缶を手に取ってしまうんですよね。
お茶のことをよく考えて作られているな、と感心しました。

ケーキやタルトの型外しに利用

セルクルを使ったアントルメや、タルト型で焼いたタルトなどを型から外すときには
HARNEY & SONSの出番です。
缶の上にケーキやタルトをのせて、必要ならバーナーであぶった後、
型を下に引き下ろせば型外しは完了です。

缶の高さが高すぎるとぐらついて不安定になりますし、
低すぎると今度はひきおろせなくなってしまいます。

紅茶缶の高さがベストなのです。
缶なので、バーナーの火が多少かかっても安心です。

これからやってみたい再利用の仕方

他にもまだまだいろいろな再利用の仕方がありそうですね。
思いついたものを書いてみます。

  • スパイスを入れる 香りが飛びません
  • カットしたのりを入れる 湿気を防げます
  • コットン入れに ほこりを寄せ付けません
  • マスク入れに ストック用と使用途中のものを分けて保管
  • マスキングテープや付箋を入れる→これもうちでやっています
  • ミニプランターにする 最近よく目にします

DIYの得意な方だったらもっといろいろできることでしょうね。

使える紅茶缶ランキング

私個人できめさせていただきました。

ランキング1位
クスミティー
デザイン
機能性
使い道の広さ

公式ページ

ランキング2位
フォション
デザイン
機能性
使い道の広さ

公式ページ

ランキング3位
ルピシア
デザイン
機能性
使い道の広さ

公式ページ

番外編


紅茶缶ではありませんが、形と大きさ、そしてこのブルーの色合いが好きで
取っておいた缶です。
生徒さんからいただいたもので、お豆が入っていました。

缶を開けると内側もきれいなブルーだったことに、感激でした。

今はラカントS顆粒を入れています(笑)

缶と茶葉

こうしてうちにある紅茶缶を集めてみますと、
好きな紅茶缶と好きな茶葉のランキングがほぼ一致していました。

茶葉が美味しいお店は缶にも工夫がされているんだな、と感じました。