おすすめレシピ

栗のようなじゃがいも きたあかりで作るフライパン蒸し焼き


収穫の秋に食べたい食材のひとつ、じゃがいも。
一年を通して食べますが、この時期、見かけると必ず買うのが「きたあかり」です。

きたあかりの特徴

私が「きたあかり」という品種を知ったのは、今から10数年前。

当時通っていた料理教室ではじめて食べたのがきっかけで、
習った料理はグラタンドフィノワでした。

男爵系のじゃがいもですが、その甘さに驚きました。
糖度は「インカのめざめ」と同等、というのにも納得です。

食感

ほくほくしているのは男爵系に共通していますが、
きたあかりはそれに加えて、しっとりなめらかな食感です。

切るとシャキシャキする男爵に対し、きたあかりはもっときめが細かく、
包丁に吸い付いてくるような感触があります。

濃い黄色をしていて、通常の男爵の白さとは明らかに異なります。
これも「インカのめざめ」と共通するところです。

ピンクの芽

「きたあかり」を見分ける大きな特徴が、芽の出てくるくぼみの部分がピンク色をしている
ところです。

「きたあかり」の表面にはこのくぼみがたくさんあり、しかもピンク色をして目立つものですから、
芽がまだ出ていないにもかかわらず、ついつい、包丁でえぐり取ってしまいます。

煮崩れやすい

味噌汁やスープに使ったところ、煮崩れやすく、すり流し汁のようになってしまいました。
まあ、それも美味しかったのですが、形を残したい場合には、煮すぎないよう注意しています。

購入先

スーパーではあまり見かけず、私が購入するのは生協がほとんど。
毎年この時期になると、パンフレットをチェックしています。

ネットでも購入できます。

\お買い物マラソン中!ご奉仕価格!/じゃがいも 送料無料 北あかり 9kg 北海道産 羊蹄山麓産 M〜Lサイズ 野菜ギフト 野菜 お歳暮 ジャガイモ 芋 キタアカリ きたあかり 送料込み 混み北

きたあかりのフライパン蒸し焼き

「きたあかり」で作るじゃがいも料理は、じゃがいも好きな家族からも好評です。
特によく食べるのがフライパンで蒸し焼きにしたものです。

火通りのよい「きたあかり」なので、予めレンジで加熱しておく必要もなく、
短時間で色よく仕上がります。

糖度が高いので、こんがりおいしそうな焦げ目も付きやすいです。

レシピ

材料 4人分

きたあかり 4~5個
油 適量
塩 小さじ1
水 大さじ3
こしょう 適量
ローストオニオン(あれば) 1/2個分

作り方

  1. きたあかりは皮をむいて8~9㎜厚さに切る。
  2. フライパンに油を熱し、きたあかりを加えて炒める。
  3. 半分くらい透き通ったら、塩と水を加えて煮立たせ、蓋をして7~8分蒸し焼きにする。
  4. ローストオニオンとこしょうを加えて水気を飛ばしながら炒める。
豚バラ肉のさっぱり煮込み 作り置きローストオニオン&トマトで  肉の中でも特に豚バラ肉が好きです。 炒め物や煮込みなど、何に使っても美味しくて、こくが出ますよね。 昔は脂身が苦手だったのに...

きたあかりの蒸し焼き アレンジ料理

シンプルな味なので、このまま食べるほかアレンジもしやすいです。

ポテトグラタン

生クリームとチーズをかけてトースターで焼き色がつくまで焼く。

ポタージュ

コンソメを溶かしたお湯を加えてひと煮たちさせ、ミキサーで攪拌する。

ポテトサラダ

つぶしてマヨネーズを加える。

ハヤシポテト

ご飯の代わりにきたあかりの蒸し焼きを皿に盛り、先日ご紹介したハヤシルーをかける。
これは我が家のヒットでした。

フライパンひとつで 時短ハヤシライス最近、鍋の出番がほとんどありません。 じっくり煮込みとかしたいな、 と思いつつ、手に取ってしまうのはやっぱりフライパン。 時短ハヤ...

色も食感も栗のような「きたあかり」。
甘くておいしい品種なので、ぜひ使ってみてくださいね。