オーブン料理

真鯛のアクアパッツァ風


最近の我が家のヒットメニューです。

いつもは切り身を3切れほど使って作りますが、今日はスーパーで1尾丸ごと切り身になってパック詰めされていたので、それを使って作りました。

鯛の出汁がすごくおいしくて、何度もリピートしています。

レシピ

材料 4人分

真鯛 1尾 切り身になったもの
パプリカ 2個
赤玉ねぎ 1/2個
塩 小さじ2.5
黒胡椒 適量
タイム(生) 適量
オリーブオイル 大さじ2

作り方

  1. 真鯛は50℃の湯で洗ってペーパータオルで水気を拭き取り、骨を取り除く(鯛の大きな骨はそのままにする)。
  2. パプリカは軸と種を除いて5ミリ厚さの細切りにする。玉ねぎは1.5㎝厚さのくし形切りにする。
  3. バット(26×21×4㎝)に塩小さじ1を振ってパプリカを敷き詰め、玉ねぎを散らす。タイムを散らしてオリーブオイル大さじ1を回しかける。
  4. ③の上に①を皮目を上にして並べ入れ、塩小さじ1.5をまぶして胡椒を振り、オリーブオイル大さじ1を回しかける。
  5. 220℃のオーブンで15分焼く。

作り方のコツ

塩をしっかり振るのがポイントです。野菜の水分で薄まるので大丈夫です。
・真鯛は頭も一緒に並べ、取り除いた骨にも身がついているので、端の方に置くと出汁が出ます。
・タイムは魚の上にのせると焦げるので、魚の下(パプリカの上)にのせました。

ご飯と一緒に

出し汁をご飯にかけて食べるとおいしい!

真鯛+サーモンで

真鯛とサーモンを一緒に並べて焼いても美味しかったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です