フライパン料理

スペアリブとじゃがいものフライパン蒸し焼き

スペアリブの調理法

うちはスペアリブを使う頻度が結構高い方だと思うのですが、味付けはそれほど変わらないのに、調理法でいつも迷います。

オーブンで焼く

疲れているときなど、何もしたくない時は、下味をつけてバットに並べてオーブンへ直行です。

圧力鍋で蒸す

とにかく急いでいるときは圧力鍋の出番です。それも蒸し籠に入れて蒸す方法で加熱します。

煮込んだりすると、圧力鍋の場合、途中で蓋を開けられないため、どうしても臭みがのこってしまいます。

それを防ぐために、事前に下茹で作業が不可欠なのですが、これだと時短にならないので、蒸す方が楽なのです。

フライパンで蒸し焼き

家族から一番評判がいいのが、実はフライパンで蒸し焼きにするスペアリブでした。

塩を振ってただ焼くだけでよく、最後に醤油や砂糖を加えて煮絡めるだけ、とこれも手軽です。

すき間にじゃがいもやレンコンなどを入れると、肉の旨味が移って、大喜びされます。

鍋で煮込む

時間があるときは、あくを取りながら、コトコト煮込みます。
スペアリブ鍋は冬場にはもってこいですね。

レシピ

というわけで、今回は我が家で一番人気のフライパン蒸し焼きになりました。
じゃがいもは北あかりで。ほくほくとろりと仕上がりました。

材料 5~6人分

豚スペアリブ 1㎏
じゃがいも(北あかり) 4個
にんにく 1片
塩 小さじ1
油(太白ごま油を使用しました) 大さじ1
アップルジンジャー醤油だれ 大さじ3
アップルジンジャー醤油だれ大量のフルーツティーを作った後、出汁がらのように残ったフルーツと生姜。 もったいないなー、と思いつつ、ジャムにするには無理があるし.....

作り方

  1. スペアリブは骨に垂直になるように、肉の中心に包丁を入れて半分に開く。にんにくは半分に切って芽を除く。じゃがいもは皮を剥いて一口大に切る。
  2. フライパンに塩を振って肉を並べ入れ、にんにくをのせ、油を回しかける。強火にかけて焼き始め、蓋を少しずらして閉め、中火で5~6分、片面に焼き色がしっかりつくまで焼きつける。
  3. ひっくり返してじゃがいもを加え、醤油だれを回し入れて軽く混ぜながら煮立たせる。
    蓋をずらして閉め、中弱火で10分蒸し焼きにする。
  4. 蓋を取って、煮汁を煮絡めながら焼き色を全体につける。
  5. スペアリブとじゃがいもを器に盛る。

メモ

  • アップルジンジャー醤油だれがない場合は、砂糖と醤油を適量加えてください。
  • 分量に合わせてフライパンの大きさを変えるのがコツです。今回は1㎏でしたので、直径29センチを使用しました。
    肉が重ならずに並んで、焼き縮んだ隙間にじゃがいもがぴったり入る大きさです。
  • すき間を開けつつ、蓋をすると、肉の臭みがこもらず、油の飛び散りも防ぐことができます。
  • フライパンだけで短時間で火を通すため、肉に包丁で切り込みを入れました。たれの味も染み込みやすくなります。

おまけ


肉とじゃがいもを取り出した後のフライパンには、澄んだ油(脂?)が残っていました。
たれを入れたのに、なぜか透明だったので、不思議でしたが、これも別の炒め物などに使えそうです。

時短料理 スペアリブのポン酢煮 家族の喜びそうなおかずと言えば肉料理、の我が家です。 中でもスペアリブは人気なので、よく作ります。 きょうはポン酢煮でした。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です