鍋で作る料理

蒸しスペアリブとキャベツのスープ煮

明日の朝ごはんは何にしようかと思って、冷蔵庫にあったスペアリブで蒸しスープを作ることにしました。

蒸しスペアリブ

スペアリブ、最近はオーブン焼きより蒸す機会が増えました。
肉が柔らかく仕上がる上、蒸し汁が使えたり、一緒に野菜を蒸すこともできるなど、メリットがいろいろあるのです。

今日は蒸し籠にはたっぷり蒸し汁ができていましたが、鍋底には全くお湯がなくなっていて、焦りました。
空炊きになる直前だったということですよね?
直火で蒸すときは注意しないといけません(汗)

肉の臭い消しにはねぎや生姜、にんにくをよく使いますが、今日は同時に野菜のオーブン焼きを作っていたので、

野菜のおかずと中華風蒸し鶏 毎度おなじみの料理ですが、今日は野菜料理を集中的に作りました。 うちで野菜料理といえば、肉や魚介などが入らず、シンプルに野菜だ...

大量のアスパラの皮も蒸し籠に入れて蒸しました。
アスパラの皮からはとってもいい香りが出るのです。

15分ほど蒸した後、今度は同じ鍋で煮込みます。
最初からゆでてしまうよりも肉に旨味が残り、柔らかく仕上がるような気がします。

肉と野菜は一緒に

スペアリブにはキャベツを添えました。

私はクタクタになった白菜は好きなのですが、キャベツがくったりしてしまうのがちょっと苦手。
色もきれいに仕上がりません。

そこで、キャベツは一人分ずつレンジ加熱することにしました。

加熱の仕方にも一工夫。

皿に入れたキャベツにスペアリブの蒸し汁を大さじ1ほどかけ、レンジ加熱します。
蒸し汁に溶け出したスペアリブの脂と旨味をキャベツが吸って、ちょうどよい火通りに。色もグリーンがきれいに残ります。

レシピ

材料

スペアリブ 500g
塩 小さじ1.5
胡椒
ねぎの青い部分 1本分
にんにく 1片分
アスパラの皮(あれば) 10本分
酒 大さじ4
水 500ml
塩、胡椒 少々

キャベツ 1人分につき1枚

作り方

  1. スペアリブに塩小さじ1.5と胡椒をまぶし、オーブンシートを敷いた蒸し籠に入れる。隙間にねぎを詰めて肉の上に4等分にしたにんにくとアスパラの皮をのせる。
  2. 蒸気の立った鍋(直径22㌢のバーミキュラ)に①をセットし、蓋をして強めの中火で15分蒸す。火を止めて3分蒸らす。
  3. 蒸し籠を取り出して肉を鍋に戻し入れ、酒を加えて煮立たせる。水とにんにくを加えて煮立たせ、アクを取り、蓋をずらしてかぶせ、10~12分煮る。
  4. キャベツの葉を食べやすい大きさに切って耐熱皿に入れ、②で蒸し籠に残った蒸し汁大さじ1を振ってラップをかぶせ、600㍗の電子レンジで2分加熱する。
  5. ④の上に③のスペアリブとスープを盛りつける。