おすすめレシピ

フライパンひとつで 白菜と鶏肉の梅昆布煮


昨日のブログの最後でお伝えしていた、白菜の煮込みです。
スペアリブではなく、鶏もも肉でつくりました。

白菜の定番料理

白菜と鶏もも肉の煮込みは、うちの白菜料理の定番です。

昆布と鶏で出汁がしっかり出るので、あとは塩だけでOK。

今日は突如梅干しが入れたくなり、1個投入。

白菜煮込みと言えば、冬をイメージさせる料理ですが、
ほんのりとした酸味が、夏の名残を感じる今の時期にぴったりです。

レシピ

材料

4人分

白菜 1/4個
塩  小さじ1
ごま油 小さじ2
鶏もも肉 2枚
だし昆布 5㎝角2枚
水 500ml
梅干し 大1個

作り方

  1. ・白菜は芯を除いてざく切りにし、洗う。芯に近い部分は薄く削ぐか、細切りにする。
    ・鶏もも肉は洗ってぶつ切りにする。
    ・だし昆布は分量の水に浸して10分ほどおく。
  2. フライパンに水気の付いたままの白菜を入れ、塩とごま油を振って蓋をして強火にかける。
  3. 水分が沸騰したら火を弱め、白菜がしんなりするまで10分ほど蒸し炒めにする。
  4. 3に昆布を浸した水を昆布ごと加えて煮立たせる。
  5. 鶏もも肉を加えて煮立たせ、あくが出れば取り除く。蓋をして5~6分煮込む。
  6. 梅干しを加え、崩しながらひと煮たちさせる。

昆布と鶏

お雑煮やうどんなど、出汁と言えば、うちでは鶏肉と昆布が定番です。

実家の近くに讃岐うどんの店があるのですが、
うどんのおいしさもさることながら、出汁がまたおいしく、
特に、温かいうどんの汁は飲み干してしまいたくなるほどでした。

私が子供のころから実家を出るまで、週1とまではいきませんが、
かなり頻繁にその店に家族で食べに行っていました。

ある時、母が「この出汁は何を使っているんですか?」
と会計をされていた店主の奥様に尋ねたらしいのです。

今思えば、よくそんなことが聞けたものだ、とびっくりしてしまうんですが、
快く「うちは昆布と鶏ですよ。」
と教えてくれたそうなのです。

それ以来、母は昆布と鶏で出汁をよく取るようになり、
私もそれを引き継ぎました。

シンプルな料理ほど、出汁のおいしさが際立ちますね。

作り置きで付け合わせ

付け合わせは先日のセミドライ人参と塩昆布のマリネ
こちらも昆布でした!

セミドライにんじんと塩昆布のマリネ【作り置きレシピ】 すっかり秋らしくなりましたね。 今日から長袖を着ています。 昨晩作った作り置きです。 セミドライにんじん 簡単に言います...

それとなすの胡麻和えならぬ、生姜和えです。
焼いたなすを大量のすりおろし生姜で和えました。

これにそば玄米ごはんです。
なんとも地味な食卓!
ですが、私の年代にはこれくらいが丁度いいのかもしれません。

なすの生姜和えとそば玄米のレシピはまたご紹介しますね。