鍋で作る料理

年越しそば 鴨南蛮


年末は鴨を使った料理を作るのですが、今年は年越しそばに。

鴨と相性のよいねぎをたっぷり使って作ったら、家族にも好評でした。

永平寺そば


毎年親戚から永平寺そばをいただいています。

腰がしっかりした風味のよいそばです。

石臼を使った「焼きぐるみ」と呼ばれる挽き方は、そば本来の香りを引き出し、味わい深いそばに仕上がるそうです。

鴨鍋用セット

青森県産の冷凍鴨鍋用セットを使いました。

バルバリー種の鴨ロース肉とのことです。

出汁もこちらのセットについていたスープを使用しました。

レシピ

材料 1人分

鴨ロース肉スライス 100g(上記セット)
スープ 1袋(上記セット)
水 1.5カップ
長ねぎ(濃い緑色の部分は除く) 1本
太白胡麻油 小さじ1
塩 少々
大根おろし 適量

作り方

  1. 鴨は寒い部屋で1時間ほど解凍する。ペーパータオルにくるみ、血を拭き取る。
  2. 長ねぎは1㎝幅の斜め切りにして冷凍しておき、それをアルミホイルに広げて軽く塩、こしょうを振る。太白胡麻油を回しかけ、230℃のオーブン(天板下段)で10分焼く。
  3. お湯を沸かしてそばを指定時間通りにゆでる。ざるに空けて流水で洗い、熱湯をくぐらせて器に盛る。
  4. 別の鍋にスープと水を入れて煮立たせ、火を弱め、鴨を加えてさっと(30秒くらい)火を通す。※③と④はほぼ同時進行で。
  5. ③に④を加え、②を添える。好みで大根おろしを添えて食べる。

メモ

・鴨は冷凍のまま使わず、しっかり解凍する。
・鴨は出汁の火加減を弱火にしたところへ加え、箸で軽く動かしながら20~30秒ほど、さっと火を通す。
・出汁をぐらぐらさせないことと、煮すぎないことがポイント。

ねぎ

鴨と相性のよいねぎは、鴨のおいしさを一層引き立てます。

予めオーブンで焼いてねぎの甘さをしっかり引き出しました。

このひと手間で年越しそばの満足度も上がります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です