フライパン料理

玉ねぎポークソテー


子供の頃から大好きだった玉ねぎと豚肉の炒め物。

鶏胸肉もそうですが、脂身と赤身がはっきり分かれている豚ロース肉もパサつきやすい部分があるので、どうやって調理しようか迷います。

とんかつにすれば全て解決ですが、揚げ物が(調理するのが)苦手でつい逃げてしまいます。

そこで最近やるようになったのが、最後に片栗粉をふり混ぜる方法です。

普通、肉に塩胡椒を振った後、焼く前に小麦粉や片栗粉を薄くまぶすと思うのですが、そうすると、肉の余計な脂や臭みが閉じ込められてしまうような気がして、失敗を覚悟で最後の最後に粉を振ってみたところ、これが美味しくできたのです。

汁気の多い料理の最後に水溶き片栗粉を加えるところを水無しでやるイメージです。

具材の表面に薄くかかるようにするコツは茶漉しを使うこと。
これなら最後に振ってもだまになって粉っぽくなることなく、具材に満遍なくうっすらとかかり、汁にも軽くとろみがついて味も薄まらず、いい感じに絡まります。

いいのか悪いのかわかりませんが、肉のぱさつきも感じられず、味もしっかりつくのでお気に入りです。

材料

豚ロース肉 5枚 500g
塩 小さじ1
胡椒
玉ねぎ 1/2個
油 小さじ2
醤油 大さじ1
片栗粉 小さじ1

作り方

1. 豚肉は軽く両面に格子状に筋目を入れて2センチ幅に切る
2. 玉ねぎはスライスする
3. フライパンに1を加えて塩、胡椒をまぶし、油を加えて両面軽く焼き色がつくまで炒める 出てきた脂を半分くらい拭き取る
4. 玉ねぎを加えてさらに炒め、しんなりしたら醤油を回しかけて炒める。
5. 片栗粉を茶漉しでふるいながらまぶし、全体を大きく混ぜながら1〜2分炒める

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です