サラダ・和え物

たこのジェノベーゼとバジルの茎でもう一品


今日は珍しく、たこのジェノベーゼをつくろう、と決めて買い物に行きました。

バジルを手に取り、次にたこの売り場に行くと、値段が上がっていてびっくり!
たこも高騰が続いているのですね。

でも今日はたこに決めていたのでそのまま買ってきました。

フレッシュバジル

昔、フレッシュバジルがそれほど出回っていなかった頃、ジェノベーゼソースを作るとき、一瞬にしてバジルのかさが減ってしまうのを見て、もったいないなー、と思ったものです。

でも、今はスーパーに行けばバジルが手に入るのでいい時代になったな、と思います。
逆に、昔よく使っていた乾燥バジルはほとんど出番がなくなりました。
買ってもすぐに1年経ってしまうので今はうちにありません。

代わりによく使うようになった乾燥スパイスはクミンです。
シードとパウダー、両方を常備してなんにでも使っています。

ジェノベーゼソース

ジェノベーゼソースの材料と言えば、バジル、オリーブオイル、にんにく、粉チーズでしょうか。
うちでは粉チーズは入れずに、塩を入れています。

チーズを入れてしまうと、用途が限られてくるので、必要なときはその都度すりおろして加えます。

塩は保存性を少しでも良くするために少量加えました。

にんにくは半分に切って芽を除いたものをまとめて冷凍しているので、それを1かけら加えます。

バジルの茎

バジルは葉を摘むと茎の部分が残りますよね。

ジェノベーゼを作った後、その茎も使った料理も一品作りました。

というわけで、今日はバジルデーでした。

たこのジェノベーゼ レシピ

材料

たこ(生食用) 170g
トマト 1個

ジェノベーゼソース 下記の1/2量

フレッシュバジル 大1袋
オリーブオイル 1/2カップ
塩 小さじ1/4
黒胡椒 小さじ1/2
にんにく 1/2片
塩 小さじ1/4

作り方

  1. たこは小さめの一口大に切る。トマトは芯を除いて一口大に切る。
  2. ジェノベーゼソースの材料を筒状の容器に入れてハンディブレンダーでペースト状になるまで攪拌する。
  3. ②を半量取り分けてたこと塩を加えてよく和え、トマトを加えてさっと和える。

えのきだけのバジル蒸し レシピ

材料

えのきだけ 1袋
バジルの茎 10本
塩 小さじ1/3
胡椒 少々
水 大さじ1
ジェノベーゼソース 大さじ1

作り方

  1. えのきだけは軸を落として半分に切り、鍋に入れる。バジルの茎、塩、胡椒、水を加えて蓋をし、中弱火で2~3分加熱する。
  2. 蓋を取り、しんなりし始めていたらそのままかさが半量になるまで炒める。
  3. 火を止め、ジェノベーゼソースを加えて和える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です