作り置き

アプリコットとオレンジのキャロットラペ


キャロットラペはいろんなレシピで作っていますが、最近気に入っているのが、ドライアプリコットとオレンジジュースを使ったキャロットラペです。

ドライアプリコット入りキャロットラペ

お菓子作りで使った後、残りがちなのがドライフルーツです。

特に酸味の強いアプリコットはあまりがちでした。

試しにオレンジジュースに付けてもどしてみたところ、美味しくなっていました。

そしてこれをキャロットラペに加えてみたら、見事にはまってしまい、今ではなくなると作る、の繰り返しです。

人参やオレンジジュースの水分を吸ってくれるので、時間が経っても水っぽくならず、むしろ、人参やオレンジジュースの旨味と甘さを吸ったアプリコットは柔らかく、ジューシーになり、ドライフルーツとは思えないようなとろりとした食感が病みつきになります。

レシピ

材料

人参  3本
塩 小さじ1.5
ドライアプリコット 8枚
オレンジの絞り汁 1/3カップ
オリーブオイル 大さじ1
白ワインビネガー 大さじ1

作り方

  1. 人参は皮を剥いて細い千切りにする(スライサーを使用)。
  2. ドライアプリコットは半分~4等分に大きめにカットして、オレンジジュースに浸し、10分ほどおく。
  3. ①と塩をボウルに入れて手でぎゅっ、ぎゅっともみ、水気を絞ってボウルに戻す。
  4. ②と残りの材料を加えて和える。

ドライアプリコット

ドライアプリコットはお菓子の材料でよく使うため、常備してあります。

トルコ産とアメリカ産

形の違い

トルコ産は肉厚で大き目、一方アメリカ産は薄くて小さく、しわっとしています。

色の違い

トルコ産に比べ、アメリカ産の方がオレンジの色が濃いです。

味の違い

アメリカ産の方が酸味が強めで味が濃いように思います。

値段の違い

トルコ産よりもアメリカ産の方がお高めです。

私は味は酸味の強いアメリカ産が好みなのですが、食感はふっくらとしたトルコ産がどちらかというと好きです。
その時あるものを使って作っています。

キャロットラペに合うドライフルーツ

今回はドライアプリコットを使いましたが、他にもこんなドライフルーツも合います。

・ドライマンゴー
・ドライいちじく
・ドライパイン
・ドライクランベリー
・ドライプルーン

意外にも様々なフルーツと相性がよいのです。

キャロットケーキ

こうしたフルーツとの相性は、キャロットケーキのレシピからヒントを得ました。

キャロットケーキには、人参の青臭さを消すため、フルーツを組み合わせて使うことが多く、アプリコットや上に挙げたフルーツは、どれもキャロットケーキにもよく使われています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です