ブログでレッスン

カフェスイーツレシピ7月号

早いもので今月も最終日を迎えました。

対面のお菓子教室とオンラインレッスン、カフェスイーツレシピを無事に終えることができました。
ご参加くださいました皆さま、どうもありがとうございました。

お菓子教室/オンラインレッスン

お菓子教室とオンラインレッスンでは、ご紹介させていただきました通り、今月はスイカのショートケーキでした。

 

珍しいショートケーキでしたが、スイカのシャキシャキ感ともっちりとしたスポンジ、ふんわり軽い口溶けの生クリームの組み合わせに、大変好評をいただけて嬉しかったです。

そしてカフェスイーツレシピ7月号では、いつもの焼き菓子に今月は冷たいデザートも加わって夏らしいラインナップでご紹介いたしました。

カフェスイーツレシピ7月号

第1回 バニラシフォンケーキ


人気のシフォンケーキはさっぱりしているので今の季節にぴったりのお菓子ですよね。 シフォンは簡単なようで奥が深いといいますか、ちょっとしたコツで仕上がりがかなり違ってきます。また、思わぬところに落とし穴(?)があったりで、一度上手くいかなくなるとその穴からなかなか抜け出せない、ということがよくあります。私にとっても手強いお菓子なのです。今回ご紹介するのはそんな落とし穴に何度もはまった末、今の所、ベストな状態で作れているレシピです。動画をご覧になってポイントを押さえながら作っていただけたら嬉しいです。

第2回 レモンシャーベット


シャーベットはアイスクリームよりもフルーティでさっぱりとした印象ですよね。
しゃりしゃりとした食感がなんとも心地よく、喉を潤してくれます。
今回はシャーベットならではの食感を楽しんでいただけるレシピをご紹介いたします。
メレンゲは軽く泡立てる程度で簡単に作れますので気軽にチャレンジできます。

第3回 ヨーグルトムースケーキ


今回はヨーグルトと生クリーム、それに練乳を使った、爽やかでありながらリッチテイストのケーキです。ボトムがあると、食べ応えも増しますよね。
切り分けるタイプのケーキですので、おもてなしにもおすすめです。
食後のデザートにお出しすれば、喜ばれること間違いなしです!

第4回 オートミールバー


今月のメニューで一番手軽に作れるのが今回のレシピではないかな、と思っています。
オートミールは最近とても流行っていますね。ヘルシーで腹持ちもよいので、小腹が空いた時にもぴったりです。私は外出する時に密閉容器に入れて持ち歩いたりもしています(笑)。
シンプルな材料でご紹介していますが、ドライフルーツやかぼちゃの種など、お好みのものを追加していただいてもよいかと思います。
多少分量が間違ってもできてしまうラフなレシピです。

第5回 バナナパイ


この時期、買ってきたバナナはあっという間に完熟してしまいますよね。
バナナブレッドにも飽きてしまったら、このレシピがおすすめです。
オイルで作るパイ生地は休ませ時間も折り込みも不要。それでもサクサクの食感で、パイ生地としての役目をしっかり果たしてくれますよ。
フィリングはこれもまた簡単で、切ったバナナを並べ、混ぜるだけで作れるアパレイユを流して焼けばOKです。
パイ生地はキッシュにもよく合います。

第6回 アーモンドパウンドケーキ


この時期食べたい焼き菓子はさっぱりとした軽い口当たりのものですよね。
オイルを使ったパウンドケーキはバターに比べると確かに軽いのですが、ヨーグルトを多めに入れるとしっとりする分、なぜか重たく感じてしまいます。そこで水切りヨーグルトを加えてみたところ、軽くて食べやすいケーキになりました。アーモンドパウダーの風味とこくも加わって、この夏一番のお気に入りパウンドレシピです。レモンの皮のすりおろしやスパイスでアレンジしてみるのもおすすめです。

第7回 乳清ココアマフィン


ヨーグルトはメインの素材になる一方で、焼き菓子をしっとりさせたり、軽くさせたり、さわやかにしてくれたり、さっぱりさせてくれたり、と陰で支えてくれる素材なんだな、と改めて思います。しかも身体にもいい、といいことづくめですね。
前回、水切りヨーグルトを使ったアーモンドパウンドケーキをご紹介しましたので、こちらでは水切りした後にできる乳清(ホエイ)を利用して作れるマフィンをご紹介します。乳清を加えると焼き菓子がしっとり仕上がるのでおすすめです。

第8回 抹茶ババロア


人気のデザート抹茶ババロア。ババロアというと、卵や生クリームをたっぷり使った濃厚なイメージがありますが、今回は卵は使わず、生クリームも少量で作れるレシピです。
お菓子にコクと風味を与えて美味しくしてくれる卵ですが、「卵を使わないメリット」というものもありまして、まず、①作り方が簡単になります。通常のババロアはアングレーズソースという卵黄で作るソースををベースにして作りますが、これがなかなか面倒で、失敗も起こりやすく、難易度高めなのです。また、②卵を使わないことで、抹茶の風味をストレートに感じることができます。さらに、③卵を使わないということは、腐敗の心配も減りますよね。
生クリームも最小限にすることで、抹茶の風味をより引き立たせて、さっぱり、つるんといただけるレシピになっています。

動画とレシピはこちらから