フライパン料理

夏の定番おかずをアレンジ【和風ラタトゥイユ】

ピカピカのなすや色鮮やかなパプリカを見ると作りたくなる夏の定番おかず、ラタトゥイユ。

トマト缶やフレッシュトマトなど、トマトベースで作ることが多いのですが、ちょっと趣向を変えて和風味にしてみました。

冷たい出汁が野菜にしみこんでいくらでも食べられます。

野菜だけでも満足感のある仕上がりにするため、炒める油を多めにしています。

そうめんなどに添えてもいいですね。

ししとうは時々、激辛のものに当たることがあるので気をつけてください!

材料

なす 大4本
パプリカ 2個
ししとう 1パック 15個
にんにく 1/2片
塩 小さじ1/2
太白胡麻油 大さじ2
カマダの出汁醤油 20ml
水 80ml

作り方

1. なすは皮を縞に剥いて縦半分に切って乱切りにする ポリ袋に塩小さじ2と水1カップと共に加えて5分置いて流水で洗い、水気を絞る
2. パプリカは半分に切って種を取り、2〜3㎝角に切る ししとうは軸を取る にんにくはあらみじん切りにする
3. フライパンににんにくと油を入れて火にかけ、香りが立ったら1を加えて炒め、2も加えて炒める
4. 途中で塩を振って5分ほど炒め、焼き色が所々についてきたら水で割った出汁醤油を加え、5分ほど炒め煮する