お菓子・デザート

【新年のお菓子】ガレット・デ・ロワ・オ・ショコラ


毎年、お正月用に焼いているガレット・デ・ロワ。
今年は大好きなショコラ味のガレットを作りました。

新年にお雑煮を食べた後、家族みんなで切り分けて食べましたが、家族のため、というよりこれはもう自分のために焼きました。
それくらい好きなガレットです。

パート・フィユテ・ショコラ


パイ生地はしっかり折り込みパイで。
練りパイでもできなくはありませんが、折パイで作ると食感は格別です。

ショコラですので、パイ生地にはココアが練り込まれています。
実はこのココア入りの折パイ、通常の折りパイよりも更に難易度が上がります。
ココアパウダーを練り込むと、生地がしまって伸ばすのが大変になるからです。

それでも2~3時間で生地作りは完了。

クレーム・ダマンド・ショコラ


そして中に詰めるクレームダマンドもショコラ味に。

単純にココアパウダーを足すのではなく、ガナッシュを作って練り込みます。

チョコレート入りのクレームダマンドの美味しさといったら!

 

チョコレート好きにはたまりませんね。

大晦日の晩、紅白を見ながら午後9時頃から生地を仕込み始め、年が明けて0時30分ころに焼き上がりました。
寝かせ時間をちょっと端折りましたが、翌朝食べたガレットのパイ生地のサクサク感に感動でした。

一切れのつもりがついもう一切れ。いつの間にか半分私のお腹に収まりました(笑)

 

 

バターをたっぷり使ったパイ生地に、バターとアーモンド、更にチョコレートをふんだんに使ったクリームを詰めた濃厚なガレットが、こんなにすいすい食べられてしまうのは、カルピスバターのお陰でしょうか?

今回の折り込みパイ生地は全く泣かず(バターが流れ出ないこと)、フィユテの名の通り、薄紙が何枚も重なったかのような仕上がりでした。

 

あー、このガレット、もっと食べたい!

そう思って今日もまたパイ生地を仕込むのでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です